服を購入する

通信販売では、外に出かけることなく家の中でゆっくりと買い物をすることができます。体の調子が悪い時や子供が小さくてゆっくり自分の買い物が出来ない時にも便利に利用することが出来ます。また、携帯やスマートフォンを利用すれば、待ち合わせの間や電電車の待ち時間などちょっとした時間に買い物を楽しむことが出来ます。

一口に服を購入するといっても服の種類も様々あります。店舗に出かけて買い物をする時には、お客さんが買い物をしやすいように、スカートやパンツなど種類ごとに陳列されていますよね。通信販売でも同様にカタログやサイト上に衣類の種類毎に見やすいように分類されています。例えばインターネットのサイトでは、レディースファッションの項目を選ぶとコートやワンピース、ブラウス等々の服の種類にわかられています。さらにコートを選択すると、ダッフルコートやトレンチコートなどといった種類ごとに細分化されているので自分の好みの服を絞って探すことも可能になっています。

ネットのチラシはオリコミーオ!
http://orikomio.jp/flyer/SearchStoreDetail_brandId-ancjoshi_storeId-1190.html

ページの先頭へ

通販サイトの工夫

インターネットの普及によりインターネットを利用して通信販売を行う人が多いようです。中でもファッション関係を扱っている通信販売の利用者は、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどの通信機器を使って買い物をする人の割合が最も多いといわれています。

ファッションを扱っている通販サイトは数えることが出来ないほどあります。通信販売を運営している会社は、数多くの通販サイトの中から自分の店を選んでもらう為にサイトの設計や独自の利用方法に工夫を凝らしているようです。

例えば、ある通販サイトでは、テイスト別にコーディネイトした写真を掲載して利用者にアピールしたり、人気のある商品をランキング形式で紹介したり、スタッフのお勧め商品を紹介したりするなど見ているだけでも楽しいサイトになっています。また、購入者による商品レビューが掲載されているサイトもありますので、商品を購入する時に参考になります。

通信販売は、価格面においても安価に購入することが出来るほか、通信販売会社によっては、一定の金額以上購入すると送料が無料になる場合や購入金額に応じてポイントを貯まり貯まったポイントは商品購入の時に現金に換算して使用することが出来るようになっています。

ページの先頭へ

通販を利用する時の注意

通信販売で衣類を買うときには、サイズに注意しなくてはいけません。通信販売では実際に商品を試着して購入することが出来ないのでカタログやサイトでしっかりサイズを確認することが大事です。服によっては、普段着ている服のサイズと大きさが少し違う場合があります。商品情報の記載を確認することはもちろんですが、商品レビューなどがあれば実際に購入した人の意見を参考にするのも有効的といえます。また残念ながらサイズが合わない場合や不良品が届いてしまうこともありますので、そのようなことがあった場合に返品に応じてもらえるかの確認など通販会社との取引要項を事前にしておくことが大事です。

ページの先頭へ