カタログショッピングの利用方法

カタログショッピングは、通信販売の中でもカタログという本を見ながら買い物をする方式のために雑誌を読む感覚で家の中でゆっくりと商品を選ぶことができます。また、カタログは、雑誌と同じようにどこにでも持ち運びが出来るので自分の好きな場所に移動することも可能です。

カタログを見ていていくつか気に入った品物を見つけたのでお互いを見比べながら選びたいと思った時は、気に入った商品のあるページに付箋をつけておくなどすると、すぐに見たい商品が探せるので何度でも比較しながら選ぶことができるという点も便利です。

ドラッグセイムス(関東) 羽生店のチラシ・店舗情報
http://orikomio.jp/flyer/SearchStoreDetail_brandId-ancseims_storeId-11795.html

ページの先頭へ

カタログの入手方法

カタログショッピングのカタログはどこで入手出来るのでしょうか?皆さんの中には、コンビニや書店に無料でカタログが置かれているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか?また、コンビニの店内に「ご自由にお持ち下さい」という張り紙と一緒に置かれているのもよく見られる光景です。

カタログは、無料で置かれているものが多いので、家に持ち帰って自由に見ることができます。また、カタログの中には雑誌として販売されているものもあります。

自分の気に入っている通信販売のショップがあれば、ショップにカタログを請求して自宅に送ってもらうこともできます。一度請求すると次回から定期的に新しいカタログが送られてくる場合もあります。

ページの先頭へ

カタログショッピングの種類

カタログショッピングは、通信販売を専門とした無店舗店と百貨店など実際に店舗あるお店の通信販売専門の部署が行っている場合の2種類があります。最近では、多くの老舗百貨店でも通信販売に力を入れているようです。利用者にとっては、どちらが行っている通信販売にも利点がありますが、無店舗店である通信販売では、店舗を構えないので店舗にかかる維持費や人件費などが削減できます。削減できた分を商品の価格に反映させることにより安い価格で販売出来るので、購入者はお得に買い物をすることが出来ます。反対に大手の百貨店では、ブランド商品など百貨店の名前にかけて質のよい品物を提供するといった観点から価格は無店舗ほど安くはないようです。しかし、百貨店に出向かなくも家で百貨店の商品を購入できることや販売については百貨店の名前がありますので、商品を購入後におこったトラブルの対応などサービスはしっかりとしているようです。

ページの先頭へ

カタログ通販の注文方法

カタログを見て注文したい品物がある場合には、電話、葉書、FAXを使って注文します。カタログの中に既に注文する商品を記入して投函するための葉書やFAX用の注文用紙がついています。多くの場合、必要事項と注文したい品物を記入して、ポストに投函するかFAXで送信するようになっています。大体の場合は、一度注文すると次回からカタログが自動的に送られてきます。送られてきたカタログの中には自分の住所や名前が既に記入された注文用紙が添付されてきますので注文したい商品の記入をするだけで買い物が出来ます。

また、カタログ通販には「頒布会販売」というものがあります。頒布会は基本的に毎月1回違った商品を継続して届けるシステムです。頒布会専用のカタログもあり取り扱いされている商品も様々あります。例えば、ワンピースが毎月送られてくるコースを選択すると月1回違ったワンピースが送られてきます。他には、下着のコースを選択すると月1回違った下着が送られてきますので毎月どんな商品が贈られてくるのかという楽しみもあります。

ページの先頭へ